2014.06.29

パンの名は。

新婚ほやほやのオットの姪っ子たちがやってくるというので
オバチャン張り切って久しぶりにパンを焼きました。

・・・なかなか生地がまとまらず腕も疲労で動かず早くも涙目に。
さらに一次発酵したらびっくりするくらいデカくなってて先行きに不安が・・・。

なんとか焼きあがったものの
いつにも増してデコボコとふぞろいで不格好。



「だいじょうぶだよ。1個30円で売れるよ」
というオットに じゃあこのパンのネーミングは? と聞くと
ぴったりのがあると自信満々にこう答えました。

「人生」


「すいませーん この30円の人生みっつください」
とか言うんかいな。

「人生 完売です」
とかならまだかっちょこええけど

「人生 半額セール中」
「1000円お買い上げで人生プレゼント」
とかはどうだ。
さらに
「残りわずかです。人生」
にいたっては なんだか縁起でもない響きがするではないか。





2014.06.28

マイケルガールズまつり

昨日は友人と渋谷ヒカリエへ。
ふらふら~~~っと引き寄せられるのは キラキラとしたアクセサリー。
・・・補おうとしておるんですな。(お察しください)

塾のお迎えがあるから早く帰るという友人と別れた後に
行ってきました西荻窪。
目指すはCABANON で開催中のマイケルガールズ夏まつりです。



キルト作家の砂川直子さんそのまま なんて可愛らしいお店だったんでしょう~~♫
中に入ってみたら 藤田久美子先生とquilts1989の中島 一恵さんが!
FIRST OF INFINITYやん♪ 
・・・と心の中で叫んでしまいました。

すごく親切設計のバッグのキットや 発色の美しいマイケルミラーの生地たちにうっとりしつつ
手にしたのはこれです。

DSC00481.jpg

色見本帳です。
中島さんがひとつひとつ貼って作ったそうです。
今日は教室日だったので さっそく生徒さんに見せびらかしご覧いただきました。

DSC00482.jpg

それからキルト塾でご一緒させていただいているカルトナージュの先生
瀧澤直美さんのキットも手から離れることはありませんでした。

「すごーく丁寧なレシピが入っているから絶対誰でもつくれるよ」

・・・ど、どうしよう。作れなかったら(←マイナス思考)
やっぱり習いに行きたいなぁ。

DSC00483.jpg

西荻窪は落ちついた雰囲気で 立ち寄りたくなる雰囲気のお店があちこちに。
いくつかのぞいた後 最後に行ったのはpindot

可愛らしくて感じのいい店員さんとひとときソーイングトークをさせていただきました。
ちっとも着れる服が作れないんです・・・というグチもこぼしてしまいました。
店内には本に掲載された洋服がサンプルのようにハンガーに掛かってあって
何着か試着もさせてくださいました。

写真だけではわからない着心地と生地の感じが体験出来て
こういうイベントがあったらいいのになぁ~って思いました。

店員さんと話し合って このワンピースを作ることに(←懲りない)

DSC00485.jpg

ヒカリエで買った白い靴を合わせるんだと・・・

DSC00484.jpg


妄想だけは一丁前。





Posted at 21:48 | Atelier applique | COM(4) | TB(0) |
2014.06.25

念。

「きょうの料理」番組で梅酒づくりの女性が紹介されていたと
ちょっと前に書きましたが 
その中で梅と同じバラ科の実物を一緒に漬けていたのが なんだかとても美味しそうで
いいなぁ~ いいなぁ~と思っていたら
なぜか義母がプラムを買ってきてくれました。

・・・念が通じたんだろうか。

通じたんだとしたら もちっと大事なことがあるだろうに。
恐るべし 我が食い意地。

ちょうど梅酒用のブランデーと瓶が余っていたので
梅と氷砂糖を買い足し 漬けてみました。



きれいだなー。
はやく飲みたいなー。
念が通じないかなー。








2014.06.20

ソリッドカラー

藤田ゼミ 2回目の授業をきのう受けてきました。
無地同士の組み合わせが新鮮で美しくてワクワクしています。



この無地の組み合わせに柄を足してさらに美しくしていくというのが
今回の宿題のうちのひとつ。

DSC00473.jpg

私はチェッカーボードを斜めにカットして置いてみました。
白の分量が増えたせいなのか 白抜き部分が気になります・・・。

DSC00474.jpg

生地のミミの部分に①という数字がプリントされていたので
それをはめ込んでみました。

DSC00475.jpg

うーん。
どうなんだろう!?

ずっと見ていると ついあれこれ足したくなってしまうので
とりあえずこれでおしまいにしよう。

引き算の潔さや清々しさ ドキドキ感をもっと感じてみたいなぁ。



まずは部屋を整理してみようかな(←手当たり次第な発想)








Posted at 22:21 | Atelier applique | COM(4) | TB(0) |
2014.06.18

夏のワンピース

リバティで作りました。
パターンはMパターンの身頃続き半袖ワンピースです。

袖山にはギャザーを寄せるようになっていますが
前と背中にはそれが無くてスッキリしています。
ダーツは無いけど前身頃が3パネルでちょっと立体的になっているようで
着るとそれほどズドーンとした感じもなく ほどよいゆとり感です。



・・・ただ色柄はどうだ。
リバティの花柄は夢があって好きなんだけど
洋服にすると牧歌的になってムツカシイ。

ダークな色ならいいかなぁ と思い仕立ててみたところ
予想だにしなかったおばあちゃん色が出ちゃった。
これはもう着ている人間(ワタシ)の問題なんだろうな~。

こうピチピチっと細胞が弾けている幼子がいちばん似合いそう。
もうバタバタと細胞死んでってるもんなぁ。


とりあえず着るときは キレイな色のカーディガンを羽織ることにして・・・

DSC00470.jpg

なんとか誤魔化そう。








2014.06.13

わが家の成長マン。

ホームセンターで380円で買ったウンベラーダ。
30㎝ほどの大きさだったのに 120㎝の高さまで成長しました。



鉢を大きくしてからは 成長に拍車がかかっているような気が。

・・・どこまで大きくなるつもりなんだろう。






2014.06.12

梅のための雨

なの!? 梅雨って・・・。

実家に植わってある梅の木に 今年はたくさんの実が成っているよと
ハハから電話をもらい さっそく梅狩りへ。

思いのほかたくさんとれて 計ってみると3㎏弱ありました。
もちろん梅酒に変身させました。



先日NHKの今日の料理で 長年梅仕事をなさっている女性が紹介されていましたけど
梅が傷つかないように そうっと瓶に詰めているところや
「こどものようにかわいい」と優しいまなざしで漬けたばかりの梅酒を愛でるところや
お世話になった方々へできた梅干しを送る準備をしながらこぼれる笑顔など見ていると
愛情たっぷり受けたこの梅たちは きっとすんごく美味しくなっているんだろうな~~って
食べた人もきっと幸せな気持ちになれるんじゃないかなぁ~って
思いました。

・・・食べてみたい(←愛情注げよ)