FC2ブログ
2012.06.28

玄関アプローチのレンガ施工 ・ その2

私の心の中の叫びが届いたのでしょうか。
施工会社の社長さんが 再び来てくださることに!!

・・・これで夫婦の危機も免れることでしょう。


この玄関ドアの前は すでに出来上がっているコンクリート部分と
ドアの下の部分との差があまりなく
レンガの販売会社の方に
レンガの厚みを半分にカットしてもらうという苦肉の策を取りました。

それでも 下地のモルタルが敷けるかどうか ギリギリです。


社長さんは
「ここは難しいよ。素人がやったら
ドアが開かなくなるだろう」
と心配して やってくださることになったのです。



水平を取って・・・

2_20120628190902.jpg

下地のモルタルを敷いていきます。
この作業がとても重要で のちのちの作業に響いてくることを知りました。
いかに既存のコンクリートの凸凹を吸収して
平らに均一に伸ばしていくかで レンガを乗せた時のゆがみや段差に
影響してくるのです。

3_20120628190909.jpg

うーん。
こりゃ やっぱり自分たちじゃ無理だな。

5_20120628190936.jpg
4_20120628190918.jpg
6_20120628190946.jpg
7_20120628191004.jpg

駐車場の人が歩くスペースは
なんとか自分たちで敷くことに。

9_20120628191039.jpg

ちゃんと社長さんが糸を張って モルタルも敷いてくれたのに
私たちは なぜか焦り
出来上がってみたら ひん曲がってしまいました(涙)


・・・・・性格が出たか。


一方社長さんは
「うむ 気に入らねぇな」
と削り具合を見てやりなおしたり(ワタシにはほとんどわからなかった)
「カッコいいおさまり方はねぇかな」
と考えてくれたり
私は職人さんの持つ美学のようなものを感じて
胸を打たれ また感謝の気持ちもわきました。

10_20120628191050.jpg

残りの花壇部分も
社長さんにお任せすることに。

11_20120628191112.jpg


駐車場のコンクリートとレンガの間のモルタルは
水に強い材料を混ぜてくれたり
水はけがよくなるよう見た目にはわからなないけど
傾斜を付けてくれたり
花壇にも水抜けを作ってくれたり
レンガの無駄が出ないよう 計算してくれたり

本当に細やかな配慮をしてくださいました。

13_20120628191127.jpg


完成。

12_20120628191142.jpg

一気に書いてしまいましたが
ここまで 少しずつの作業でした。

休日を返上して作業にあたってくださった
高倉健似の渋さ漂う社長さんに
あらためて深く感謝しています。
ありがとうございました。






Posted at 20:56 | 家づくり。 | COM(0) | TB(0) |